お電話お問い合わせは、046-259-5217まで

メールお問合せ

  • TOP
  • 院長ご挨拶
  • 診療科目
  • クリニック案内
  • 院内設備
  • 健康診断
  • 予防接種

 

心エコー

超音波を使って心臓を検査します。

心臓の動きや構造の異常を調べることができます。

大きさや壁の厚さ、動きに加え、弁の働きや血液の流れが分かります。心臓が異常に大きくなっていないか、壁に穴が開いていないか、血液が逆流していないかなどを調べます。

心臓弁膜症、心臓拡大や不整脈だけでなく、心筋梗塞や心筋症といった命に関わる病気も心エコーにて診断することができます。

レントゲンやCTと異なり放射線の被曝の心配もありません。

当クリニックでは、エコーが必要な患者さんには当日検査が可能です(月・木・土 10時~)。

※混雑状況や緊急性により、後日に予約をご案内することもあります。予めご了承ください。

ホルター心電図

5cm×5cmほどの小さな心電図計をつけて、日常生活をしながら心臓の状態を調べる検査です。通常、病院の心電図検査はたった30秒ほどしか調べられませんが、ホルター心電図なら24時間、睡眠中も調べることができます。日常生活で「不整脈」や「狭心症」など心臓に異常が現れないか調べます。「不整脈」の種類や数、発生時間、最低・最高心拍数が分かるので、不整脈の診断には欠かせません。また、動悸や息切れといった自覚症状と心電図の比較もできます。胸に電極をつけ、超小型の心電図計を首にかけます。動悸や息切れなど気になる症状があったときは専用ボタンを押すと、心電図とともに記録されます。原因のわかっていない動悸症状には欠かせない検査です。その場ですぐできないこともありますので。電話でご予約ください。